受付時間
平日9:00~17:30
受付時間
平日9:00~17:30
悩み

【成功の秘訣】訪問看護ステーション管理者のよくある悩みを解決!効果的なマネジメントを徹底解説します

  訪問看護ステーション管理者の主な業務  訪問看護ステーションの管理者は、ステーションの運営を統括し、質の高いサービスを提供する役割を担っています。厚生労働省の「指定訪問看護の事業の人員及び運営に関する基準」に定められた事項を確実に実施し、利用者に適切なサービスを提供することが求められます。 主な業務は以下の3つです。 1. 事業所の運営と利益管理 事業所の安定した運営と収益の確保を図ることが求められます。 具体的には次のような業務があります。   2. スタッフのマネジメントと教育 スタッフが働きやすい環境を整え、個々のスキルアップを支援することで、サービスの質向上につなげることが求められます。 具体的には次のような業務です。 ※コンフリクト(Conflict)…異なる意見や要求などがぶつかりあっている緊張状態のこと。   3. 多職種連携・調整 地域包括システムの中心的役割として、医療・介護・福祉の多職種連携を推進し、利用者に適切なサービスを提供することが重要です。 具体的には次のような業務があります。     訪問看護ステーション管理者の現状・問題点  現状の訪問看護においては、管理業務において、業界全体としての問題点があるのが実情です。主な問題点は以下の3つです。 1.  管理者が訪問看護もしていて管理に専念できない 多くの訪問看護ステーションでは、管理者自身が訪問看護業務を兼務しているのが現状です。訪問看護の実施に加え管理業務を行うことで、業務負担が増大し、管理に専念しにくい状況が生じます。 特に管理者自信で経営も行う、小規模の事業所でこの傾向は強い状況です。訪問看護が好きで管理者になった方なら、現場で看護することは楽しく、直接のやりがいを感じますよね。また、実際には人員の問題で兼務せざるを得ない面も大きいでしょう。 いずれにせよ訪問の合間の管理業務は多忙を極めます。   2. 管理者の確保・育成策が体系的に実施されていない 管理者は、看護師としての経験に加え、管理に関する知識やスキルが求められます。しかしながら、管理者の確保・育成策が体系的に実施されていないことが問題点として挙げられます。 管理についての研修や資格は必須条件となっていないことも理由の1つです。病院など医療機関での管理や経営の経験がないか、少ない管理者も多く、マネジメントについては学んでおらず手探り、という人も多いでしょう。 大阪府訪問看護ステーション協会の調査によると、約半数の管理者が過去に管理者研修を受講していない状況が明らかになっています。(出典:2023年度「大阪府訪問看護ステーション実態調査報告」 ) 今後、管理者として成長するためのマネジメントラダーの開発が待たれています(参考:滋賀県看護協会「滋賀県版クリニカルラダー」)。    3. 管理者のあるべき姿、役割、ロールモデルの明示が必要 理想の管理者像や役割、必要な能力や資質が明確に定められていないことも問題点の一つです。 管理者の役割や求められるスキルを明示することで、管理者自身の自覚を促し、組織全体での管理者の成長につなげることができます。自身が経営者かつ管理者である小規模の事業所では、意識して目標を具体化・言語化することが大切です。         訪問看護ステーション管理者が直面する悩みと解決策   管理者が日々の業務のなかで直面するよくある悩みと、解決策について紹介します。 管理業務と訪問看護の兼務による時間不足マルチタスクで処理すべき業務量が多い 前章でも触れたように、管理者が管理業務と訪問看護を兼務している場合、時間不足が大きな悩みとなります。さらに、管理者はさまざまな業務を同時並行で処理する必要があります。マルチタスクで処理すべき業務量が多く、集中力の維持が難しいことも悩みの一つです。 限られた時間の中で、業務を効果的にこなすための工夫が求められます。   えがおDE看護は”電子カルテ機能”と”レセプト請求機能”に特化して、26年現場の声や複雑な制度に対応し続けているので、訪問看護ステーション業務をお任せできます。 管理者の本来の使命であるステーション運営を通じた「良質な看護サービスの提供」 に当たり前に集中できる毎日を実現します。是非お問い合わせください。 スタッフとのコミュニケーションと関係構築 […]