受付時間
平日9:00~17:30
受付時間
平日9:00~17:30
診療報酬改定

【限定公開】管理者必見‼ 2024年ダブル報酬改定を踏まえた 訪問看護ステーションの対策

「W改定で、対応することが多すぎる…」「やらないといけないことはわかってるけど、何からしたらいいかわからない!」「ほかのステーションはどうしているんだろう⁈」 訪問看護にも大きな変更がもたらされる、2024年の介護報酬&診療報酬改定。質の高いサービス提供を促進し、在宅移行の推進や24時間対応体制の充実、訪問看護の適正化などをめざした改定となっています。訪問看護ステーションには、改定の流れや内容を理解し、これからの訪問看護の方向性を見据えた上で適切な対応を行うことが求められています。 忙しい日々の中で、W改定に対応すべきことはたくさんで、しかも複雑に感じますよね。医療保険のオンライン資格確認・請求への対応とも重なり、改定への対応は後回し…という方もいるでしょう。 しかし、トレンドを理解し、ステーションの状況に合わせ優先順位をつけて1つ1つ前に進めることで対応していけるので大丈夫です‼ 対策を講じる中で、ステーションの強みを活かせる経営・マネジメントについても振り替えられるよう深掘りしていけるものとなっています。 今すぐ対応すべきこともありますので、ぜひ参考にしてください。     訪問看護のトレンドを読み対応する 今回はW改定となるため、居宅サービスや訪問サービスなどいずれの分野においても医療と介護の連携における改定がなされています。そのほかには訪問看護の質向上、ICT化による業務の効率化や働き方改革のための改定がされます。 特筆すべき点は、介護保険の減算です。業務継続計画作成と高齢者虐待防止措置が実施できていない事業者には減算がなされます。そのほか、理学療法士などリハビリ職による訪問看護の提供状況を適正化するための措置としても減算が導入されます。医療保険においても、同一建物の利用者の割合が高いケースなどで評価が下げられることとなりました。 在宅での医療ニーズが高まるなか、政府は、専門性など質の確保と同時に持続性を訪問看護に求めていることがわかります。 これらのトレンドを読んだうえで、以下の2点について対応を進めていくことが重要です。   この記事は限定公開記事です。記事の全文を読むには、以下のフォームに必要事項を入力し送信してください。